新しい家族計画がスタート

妊娠したいと思ったら、将来のことも考えて家族計画をする必要があります。 たとえば、こどもは何人ほしいのか、ほしいならば何歳差にするかなどです。 女性の場合には、もしも働いているのならば、その仕事の都合にも合わせなければいけないこともあります。仕事によって、産休や育休の制度が違うため、どれだけの期間休むことができるのかなども妊娠をする前に確認をしておく必要があります。 また、うまれてからのサポートについてもあらかじめ考えておかなければなりません。初めての出産の場合には、大変なことが多いため、夫婦で乗り切るのか、どちらかのご両親を頼るのかなどの必要性が生じます。また、すでにこどもが一人以上いる場合には、次のこどもを出産するときに、日中誰が面倒を見るのかなどを考えておく必要があります。また、こども一人を育てるためには1800万円から2000万円必要といわれています。教育資金などについてもしっかりと計画をする必要があります。


不妊治療に関する情報はこちら

処女膜の再生はこちら

妊娠するための準備はOK

そろそろ赤ちゃんが欲しくて妊娠したい、と考えている女性は、妊娠前から葉酸を十分に摂るよう心がけましょう。なぜなら葉酸は、妊娠の初期、特に胎児の脳などがつくられる妊娠3カ月頃までに不足すると、胎児が神経管閉鎖障害という先天異常を起こす危険性が高くなってしまうからです。 葉酸は、ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれるビタミンB郡の一種であり、妊娠を希望する女性や妊婦は一日400マイクログラムを摂取することが望ましいとされています。しかし、食事だけでこの量をカバーするには、一日に野菜350グラムが必要とされ、また、調理法によってはそれ以上が必要な場合も多いと言われています。 そんな方のために、現在、葉酸のサプリメントやキャンディが多く販売されています。もちろん普段の食事から摂取できればよいのですが、難しい場合は、妊娠前からこういった製品を利用して必要量を摂取しておけば、ベビーの健康を守ることにつながります。

Copyright(c) 2011 ママになろう!. All Rights Reserved.